男子高校生弁当№83

f:id:sinpurin:20170915123645j:plain

9/11㈪のお弁当。カレーコロッケはお義母さんからのお裾分け。

 

男子高校生弁当№84

f:id:sinpurin:20170915123838j:plain

9/12㈫のお弁当。豚と玉ねぎ炒めメイン。

 

男子高校生弁当№85

f:id:sinpurin:20170915123958j:plain

9/13㈬のお弁当。トンカツソースをかけすぎた…。

 

男子高校生弁当№86

f:id:sinpurin:20170915124106j:plain

9/14㈭のお弁当。冷蔵庫にあるものでの闘いに(笑)

 

男子高校生弁当№87

f:id:sinpurin:20170915124213j:plain

9/15㈮のお弁当。本日は息子2人のお弁当。豚肉と野菜炒めをドンとのっけ弁です。

 

…と、まぁ金曜日のブログは弁当の記録からになってます…はい。

今週はいろいろ忙しかったなぁ~。来週も、またがんばります。

 

応援していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

夜間園芸部

2018/03/10

ベビーリーフがいい感じに育ってきていて、りんもよく食べるので、残り2つのミニプランターにもベビーリーフをまいてみました。しばらくすれば芝生っぽくフサフサに生えるかなー。
土をかましていたら、中から虫が出てきましたが、外に出しておきました。変な虫だとマズいのでいちおう。
絵はただのラクガキ。
f:id:Akkiesoft:20090918013800p:image

広瀬麻知子さん関連ツイート(動画、画像)Part274 です。

いや全くもって大丈夫じゃないだろ大問題だろ(´・ω・`;)

秋葉原はオタクの聖地

そして、ここロンドンにもオタクが集まる、

というかヨーロッパに住む数々のオタクが

コスプレを披露できる場所があった‼️

 

それが…

 

コミックコン(通称コミコン)

 

f:id:londongirl-k:20161028225356j:image

f:id:londongirl-k:20161028225406j:image

場所は、エクセルロンドンという大きな展示会場

ダイヤモンド社。山川健一。ちょと新撰組関係の資料が必要なので借りてきた本。なかなか良く出来た本で手堅く纏まっていたと思う。面白かった。

ぼくの英語との出会いはぼくが26歳の時です。

もちろん中学校時代から英語の授業はあったんだけど、ほぼ勉強していなかったし、衝撃的な出会いという意味ではとにかく26歳の時なんです。

 

ぼくは大学を卒業し、企業に入社し、毎日普通に働いていた。

朝から夜まで。

仕事に慣れるうちはノートとペンを片手に、仕事に慣れてからは惰性の連続で毎日を過ごしていた。

特に楽しくもない仕事を。

仕事を選ぶ基準がまったくわかっておらず、いくつか合格通知をもらったうちの1つにそれほど他社と比較せずに入社しただけだった。

当時なんてそんなもの。

自分のことが自分が一番わかっていると思っていたけど、今から考えると何もわかってないし、わかろうとも自問さえしない人間だった。

そりゃやりたい事なんて見つかるはずもなく、社会人になってからの毎日は暗黒の歴史でしかない。大げさじゃなく。

 

ぼくは入社してから約3年働いていた。

そして3年目を迎える数ヶ月前からぼくは仕事を辞める決断をしていた。

自分の道に納得いっていなかったから。

自分の周りの人が同じような考えで同じような遊びをし、同じような話しかしていなかったことに気づいていた。

そのとき読んだ大前研一さんの本も影響したのかもしれない。

彼はこういった。

 

人間が変わる方法は3つしかない。

1つ目は時間配分を変えること。

2つ目は住む場所を変えること。

3つ目は付き合う人を変えること。

 

 

ぼくは全てを変える決断をした。

簡単に言うと日本を離れ、イギリスに行った。

 

TypeScriptで名前空間をmoduleで書く必要があったらしいが、1.5.3からnamespaceで表現出来るらしいのでPlaygroundを使ってさくっと書いて動作確認してみた

TypeScript早わかりチートシート【1.5.3対応】 - Build Insider

クラスのサンプルはここから 継承 - C# によるプログラミング入門 | ++C++; // 未確認飛行 C

namespace Nature {
    export class Person
    {
        /*
       private string name; // 名前
       private int    age;  // 年齢
       */
        constructor(public name:string ,public age: number){
        }
        
        get Name():string{
            return this.name;
        }
        set Name(name: string){
        }
        
        get Age():number{
            return this.age;
        }
        set Age(age: number){
        }
    }
    
}

namespace School{
    export class Student extends Nature.Person
    {
        /*
       private int    id;   // 学籍番号
       */
        constructor(public name: string,public age: number,public id: number)  {
            super(name,age);
        }
        
        get Id(): number{
            return this.id;
        }
        set Id(id: number){
        }
    }    
}

let p1 = new Nature.Person("麻倉葉",13);
alert(`${p1.Name}は${p1.Age}歳。`)

let s1 = new School.Student("小山田まん太",13,1);
alert(`学籍番号${s1.Id}、${s1.Name}は${s1.Age}歳。`);

出力されたJavaScript

var __extends = (this && this.__extends) || function (d, b) {
    for (var p in b) if (b.hasOwnProperty(p)) d[p] = b[p];
    function __() { this.constructor = d; }
    d.prototype = b === null ? Object.create(b) : (__.prototype = b.prototype, new __());
};
var Nature;
(function (Nature) {
    var Person = (function () {
        /*
        private string name; // 名前
        private int    age;  // 年齢
        */
        function Person(name, age) {
            this.name = name;
            this.age = age;
        }
        Object.defineProperty(Person.prototype, "Name", {
            get: function () {
                return this.name;
            },
            set: function (name) {
            },
            enumerable: true,
            configurable: true
        });
        Object.defineProperty(Person.prototype, "Age", {
            get: function () {
                return this.age;
            },
            set: function (age) {
            },
            enumerable: true,
            configurable: true
        });
        return Person;
    }());
    Nature.Person = Person;
})(Nature || (Nature = {}));
var School;
(function (School) {
    var Student = (function (_super) {
        __extends(Student, _super);
        /*
        private int    id;   // 学籍番号
        */
        function Student(name, age, id) {
            _super.call(this, name, age);
            this.name = name;
            this.age = age;
            this.id = id;
        }
        Object.defineProperty(Student.prototype, "Id", {
            get: function () {
                return this.id;
            },
            set: function (id) {
            },
            enumerable: true,
            configurable: true
        });
        return Student;
    }(Nature.Person));
    School.Student = Student;
})(School || (School = {}));
var p1 = new Nature.Person("麻倉葉", 13);
alert(p1.Name + "u306F" + p1.Age + "u6B73u3002");
var s1 = new School.Student("小山田まん太", 13, 1);
alert("u5B66u7C4Du756Au53F7" + s1.Id + "u3001" + s1.Name + "u306F" + s1.Age + "u6B73u3002");

気になったのは、Personクラスの引数プロパティはprivateにしていると、別の名前空間で extends 出来なかったところ。 深くほりさげるのはまた今度。

Playgroundサンプル [http://www.typescriptlang.org/play/index.html#src=namespace%20Nature%20%7B%0D%0A%09export%20class%20Person%0D%0A%09%7B%0D%0A%09%09%2F%0D%0A%09%09private%20string%20name%3B%20%2F%2F%20%E5%90%8D%E5%89%8D%0D%0A%09%09private%20int%20%20%20%20age%3B%20%20%2F%2F%20%E5%B9%B4%E9%BD%A2%0D%0A%09%09%2F%0D%0A%09%09constructor(public%20name%3Astring%20%2Cpublic%20age%3A%20number)%7B%0D%0A%09%09%7D%0D%0A%09%09%0D%0A%09%09get%20Name()%3Astring%7B%0D%0A%09%09%09return%20this.name%3B%0D%0A%09%09%7D%0D%0A%09%09set%20Name(name%3A%20string)%7B%0D%0A%09%09%7D%0D%0A%09%09%0D%0A%09%09get%20Age()%3Anumber%7B%0D%0A%09%09%09return%20this.age%3B%0D%0A%09%09%7D%0D%0A%09%09set%20Age(age%3A%20number)%7B%0D%0A%09%09%7D%0D%0A%09%7D%0D%0A%09%0D%0A%7D%0D%0A%0D%0Anamespace%20School%7B%0D%0A%09export%20class%20Student%20extends%20Nature.Person%0D%0A%09%7B%0D%0A%09%09%2F%0D%0A%09%09private%20int%20%20%20%20id%3B%20%20%20%2F%2F%20%E5%AD%A6%E7%B1%8D%E7%95%AA%E5%8F%B7%0D%0A%09%09%2F%0D%0A%09%09constructor(public%20name%3A%20string%2Cpublic%20age%3A%20number%2Cpublic%20id%3A%20number)%20%20%7B%0D%0A%09%09%09super(name%2Cage)%3B%0D%0A%09%09%7D%0D%0A%09%09%0D%0A%09%09get%20Id()%3A%20number%7B%0D%0A%09%09%09return%20this.id%3B%0D%0A%09%09%7D%0D%0A%09%09set%20Id(id%3A%20number)%7B%0D%0A%09%09%7D%0D%0A%09%7D%09%0D%0A%7D%0D%0A%0D%0Alet%20p1%20%3D%20new%20Nature.Person(%22%E9%BA%BB%E5%80%89%E8%91%89%22%2C13)%3B%0D%0Aalert(%60%24%7Bp1.Name%7D%E3%81%AF%24%7Bp1.Age%7D%E6%AD%B3%E3%80%82%60)%0D%0A%0D%0Alet%20s1%20%3D%20new%20School.Student(%22%E5%B0%8F%E5%B1%B1%E7%94%B0%E3%81%BE%E3%82%93%E5%A4%AA%22%2C13%2C1)%3B%0D%0Aalert(%60%E5%AD%A6%E7%B1%8D%E7%95%AA%E5%8F%B7%24%7Bs1.Id%7D%E3%80%81%24%7Bs1.Name%7D%E3%81%AF%24%7Bs1.Age%7D%E6%AD%B3%E3%80%82%60)%3B]

2017/08/08の夕食

2018/03/02

今日は、奥様に夕食を用意してもらいました。 

f:id:TOMOYASU:20170809180419j:image

温かいメニュー、冷たいメニュー、バランス良く並んでいます。

f:id:TOMOYASU:20170809180438j:image

このカレーは、スジャータが出しているレトルトカレー「シェフのカレー」です。頂き物です。普通に美味しかったです。

f:id:TOMOYASU:20170809180509j:image

奥様による煮物です。左側の食材は、「くきたち(菜の花を干したもの)」で、実家に帰省したときに買ってきた山形の食材です。ほろ苦いくきたちが、さっぱりした大根と旨味のあるがんもどきにマッチして美味しかったです。ともちゃんの田舎の味くきたちを奥様がアレンジして調理してくれて嬉しかったです。

f:id:TOMOYASU:20170809180529j:image

キュウリの松前漬け乗せです。みずみずしいキュウリと味の濃い松前漬けが合いますね。美味しくいただきました。

f:id:TOMOYASU:20170809180545j:image

山形のだしで食べる冷奴です。さっぱりとした味わいで美味しかったです。

f:id:TOMOYASU:20170809180604j:image

冷やしトマトも冷たくて美味しかったです。

f:id:TOMOYASU:20170809180628j:image

昨日の残りのかぶのスープもかぶに旨味がたっぷり染み込んで美味しかったです。

今日は奥様による美味しい夕食でした。